【2013ドイツ旅行記】現地4日目の朝

bon

-
現地4日目のあさごはん。



DSC02249.jpg





シードの乗ったドイツパンと、ウィンナーソーセージ
DSC02251.jpg



作り置きのスクランブルエッグ。これもじゅうぶんふわふわでおいしい。
DSC02252.jpg



今朝はミューズリーもとってみた。
DSC02253.jpg



それと、ダルマイヤーの紅茶。
DSC02254.jpg



ああ、もうっ、
最高
でござるよ。



本日はザルツブルクへ行く。ミュンヘン中央駅7:44発の電車に乗るつもりなので、いつもより早めに出発。



DSC02258.jpg



今日も晴れそう!



DSC02260.jpg



DSC02261.jpg



乗り場がわからず慌ててしまったけれど、スターバックスの上にある看板の指し示す方へ。



DSC02262.jpg



たくさんの人が同じホームへ向かっている。みな、ザルツブルクへ行くんだろうか。



DSC02263.jpg



あの列車だ。ホームは駅のずっと奥の野外にあった。早めに出発しておいてよかった~。



DSC02265.jpg



朝早くにもかかわらず車内は混んでいる。ザルツブルクまで約2時間の旅、なんとか座れてよかった。
ほどなく列車は出発。



DSC02266.jpg



走り出してしばらくしたら、こんなものが乗客に配られた。



DSC02267.jpg



MERIDIANという鉄道会社オリジナルのハリボーだった。乗客全員に配布するとはサービス精神旺盛!
ミュンヘン-ザルツブルク間で運行している会社かな?この時は食べず大切に持ち帰ったこのグミ、日本へ帰るときの飛行機でずいぶん助けられた。往路でひどい耳鳴りに悩まされたので調べた結果、ガムを噛んだり飴をなめていることで症状が軽減されると知り、このグミをひとつずつ噛みしめていたのだ~。おかげで帰りは耳鳴りに悩まされることなく無事に関空に到着できた。たぶんガムでも何でもよかったのだが、飛行機に対する恐怖心をこのグミがどれだけ軽くしてくれたかしれない。



たまに駅にとまりながら列車は走る。窓が開いているわけでもないのに車内は冷える。今回の旅行で一番寒い…と思ったら外にはこんな景色が広がっている…



DSC02270.jpg



ダウンは着たまま、ストールを膝に巻きつけるようにする。



途中の駅で人がたくさん降りて、私の座っている4人掛けの席がたまたま私一人になった。
そこの駅で乗ってきた大学生くらいのカップルが、他に空席がみつからず私の向かいにやってきた。
あいかわらずひと声かけてくれるのは、こういう場面では当たり前なのだが、その女の子の行動にびっくり!
私の向かいに男の子が座り、その隣に座ったかと思ったら、足を私の隣の席に投げ出してきたのだぁ~(もちろん靴は履いたまま)
これはいくら若くても日本人の感覚では絶対ありえないと思う。でもこっちではそう驚くことでもないのか、まぁ褒められたことではないだろうけど。
この電車の中で印象に残っている出来事だ。
そのカップルも、いくつか先の駅で降りて行った。



ふと窓の外に目をやると



DSC02278.jpg



ん~なんかむこうのほうに



DSC02279.jpg



雪のかぶった山が見える!



DSC02279.jpg



アルプスか?!




つづく
関連記事
Posted bybon