テレビ番組情報

bon

-
今回は旅番組ではなく、毎年夏になると増える戦争関係のテレビ番組。
NHKで組まれるシリーズ「世界大戦と人間」について。



DSC04750.jpg



先立って番組紹介の放送があったので、そこからの流用です。
大まかなテーマ
DSC04751.jpg



うちいくつかは過去に世界のドキュメンタリー本放送のほうで見ました。
その時に驚いたのは、カラー化されたビデオ。



DSC04748.jpg



DSC04749.jpg



モノクロの第一次大戦が、いままさに起こっていることのようにリアルな映像で目に飛び込んできます。
人間にとって目から入る情報がいかに大きな影響であるか、それが、色つきであるかないかだけでこれほど違うものかと。
衝撃でした。



DSC04755.jpg



ご覧のとおりすごーくリアルですよね。
映画のワンシーンかなって思ってしまう。
白黒というだけで、現実以上に古く感じていたのかもと思ってしまいます。



放送日
DSC04744.jpg



DSC04745.jpg



DSC04747.jpg



DSC04752.jpg
カラーでよみがえる第一次世界大戦
原題:Doomsday Fall of Man
制作:ZDF (ドイツ 2013年)



DSC04756.jpg
パリ 狂騒の1920年代
原題:Paris: The Roaring Twenties
制作:Program33 (フランス 2013年)



DSC04754.jpg
ヒトラー 権力掌握への道
(原題など不明)



DSC04742.jpg
迫害に立ち向かったユダヤ人教師
(原題など不明)



DSC04743.jpg
トレブリンカ 発掘された死の収容所
(原題など不明)



本日時点で、原題、制作元が公開されていない作品については初公開でしょうかね。



また、D-Dayの4回は再放送です。
緻密で入念な作戦を立てたとしても、いざ決行となるといろいろトラブるものですよね。
日本を敗戦に導いたお偉い方たちに見てもらいたい番組です。 根性だけではどうにもなりません。



D-Day 壮絶なる戦い
原題:Last Heroes of D-Day
制作:BBC (イギリス 2013年)



海底調査でよみがえるD-Day
原題:D-Day: The Underwater Quest
制作:MC4 / LCL (フランス 2014年)



いずれも、海外で制作された番組の日本語吹き替えです。
大変見応えのある内容ですので、興味のある方にはおすすめです。
NHKは、内容の薄くてくだらないバラエティーは民放に任せてさぁ、お堅くて知的で向学心が満たされるこういう番組をしっかりやってほしいです。
関連記事
Posted bybon