ウエスティンホテル大阪特製 まるごと焼リンゴ

寒くなってくると気になるリンゴスイーツ。ウエスティンホテルにちょっとすごいのを見つけたので、12月のある日に訪問しました。



DSC07587.jpg





それは旬のリンゴ・紅玉をまるごと使ったウエスティンホテル大阪ロビーラウンジの特製デザート。



まるごと焼リンゴ(コーヒーまたは紅茶付/2,000円)
DSC07571.jpg



オーブンでじっくり火入れされた紅玉をまるごと1個食べる豪華デザート。
お値段にびっくりして躊躇していましたが・・
晩ご飯いらない日があり、街がきらびやかな12月に仕事終わってそのまま帰るのもつまらんし、20時頃から行ってみました。



DSC07575.jpg



酸味を残して仕上げられたリンゴをパリパリの薄皮生地(パートフィロ)、キャラメルソースとバニラアイスで頂きます。



ナイフを入れたところ
DSC07583.jpg



リンゴは皮つきで、トロトロになりすぎずほくっとした食感も残されており、おいしさをまるごと楽しめる贅沢なデザートでした。
ダージリンはマイセンのポットサービスで、カップ3杯分ほどたっぷりなので、ゆーっくり、優雅なひとときを・・・・・



ロビー
DSC07570.jpg



と、言いたいところですが
それがですな
ロビーラウンジは昼と夜では席の分布が変わります。
夜は窓際のいい席が喫煙席となり、禁煙席はロビー近くの通路沿い。
夜なので少ないとはいえ、通路は人の往来があるので、あまり落ち着く席ではないなぁ、と思いました。



DSC07574.jpg



それだけなら我慢して過ごしたと思いますが、問題は、テーブルの向こうにうじゃっと人がいるのですが・・
それが中国人の団体なんです (´・ω・`)
私が席に着いた時はいなかったのに、その後すぐやって来ました。



優雅な夜のティータイムを楽しみに来たのに・・
大きな声でうるさい中国人の団体の脇で、くつろぐどころか…



喫煙席を見ると誰もお客がいなかったので、店員さんにお願いして、喧噪から離れた窓際の場所に移動させて頂きました。
店員さんが謝ってくださって、いや、私も申し訳ないんだけど、ムリです。



ティースプーンもリンゴ♪かわいい
DSC07588.jpg



だれもいない喫煙席で、最初からこっちに来たらよかったなぁとか思いつつ・・
照明の落ちた静かな空間にいると、さっきまでの心のザワザワが嘘のように落ち着きました。



ウエスティンホテル大阪特製 まるごと焼リンゴ
↑2月末までのメニューです



夫にこの話をしていたら、仕事で外出することの多い夫もたびたびこういうこと※があるらしく
(※自分がいる場所に彼ら団体がウワーっとやってきて、不愉快なので移動せざるを得ないという状況)
なんで日本で暮らしている日本人が追いやられなあかんねん…
まぁ昔の日本人もこうだったんだと聞きますし、国籍に関係のない話です。
集団で行動すると傍若無人な行動をする人が目立ちますが、周囲への配慮は忘れたくないなぁと思いました。

コメント

高兄

bonさん、お久しぶりでございます

そして、

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます

お元気ですか?

いやいや、レポの方は

さらにパワーアップの、bon節♪

年始から、久しぶりに拝見させて頂いたら

コメント欄、復活してる!!


びっくりでございます

bon

●高兄さん●
あけましておめでとうございます。

ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。
高兄さんもお変わりなくといいますか
プロのカメラマンの方でしたっけ…?
って感じですね!

コメント復活させて頂きました。
また京男のお越しをお待ちしております。
非公開コメント

プロフィール

bon

いろんなものを食べるのが好きで、せっかくなので記録を残したいと思い2005年2月にzaqブログで開始。
2009年3月に現ブログに移ってきました。


旧ブログはzaqブログサービス終了(2017年1月末)に従い消滅→親切な読者様のおかげで文章のみアーカイブ化。
旧ブログアーカイブ

食べ物ネタ中心、ドイツ好き。
管理人は記憶を兼ねた記録として活用しています。

京都で生まれ育ち、結婚を機に大阪に移住して夫と二人暮らし。
現在は主婦兼職業婦人として奮闘中。

★コメントは承認制ですので、投稿と同時に表示はされません。

※掲載時の情報や価格は変動するものですので、参考以上にはなさらないようお願いいたします。

カテゴリー

月別アーカイブ