【宮崎】en haut(アンオー)

bon

しばらく中断していた宮崎旅行記です。
宮崎市内をレンタカーで走り回っています。次の目的地はコチラ!



DSC00165_1af7.jpg



東京の有名店、アテスウェイで修業された方のお店です。
アテスウェイは東京行きたい店リストに入れながら一度も行くことができていません。東京は店がありすぎてそんな店がいっぱいあるのですが、宮崎で系譜の味が頂けるならば行ってみましょう~。



en haut(アンオー)※ダークグリーンの建物です
DSC00172.jpg



そして宮崎だからこそ、店の前に広~い駐車場が!
「駐車場待ちお断り」の看板が立ててあります。



DSC00173_23339f6d.jpg



表は広い通りではないのですが、そこにズラーっと並んでしまうこともあったのでしょうね。
店はヴァンドゥーズが多くマンツーマン対応する、大阪だとアシッドラシーヌ等新しい店で見られるタイプで、宮崎ではまだ珍しいかもしれません。



DSC00170_07040.jpg



店の中にいたら、まるで東京にいるのかなと錯覚してしまいます。



ケーキ(クリックで拡大します)
DSC00162.jpg

DSC00166_4084f.jpg

チョコレート(クリックで拡大します)
DSC00164_34110d.jpg

焼き菓子(クリックで拡大します)
DSC00163.jpg



買ったケーキは部屋に戻ってから食べました。



DSC00199.jpg



DSC00205.jpg



フォレノワール(450円)
DSC00210.jpg



キルシュがふわっと香り、なかなかバランスの良いフォレノワールでした。
デコレーションもきれいです。



ジャポネ(460円)
DSC00207.jpg



黒ゴマ、抹茶とカスタードのケーキです。
これも美味しかった。



ここしか知らなかったらものすごく感動したと思いますが、ここ10年くらいで旧式の日本のケーキ屋とは違うこういう店にすっかり慣れてしまい、そういう意味では普通(に美味しい)という印象でした。



ただしホームページやFacebookを見ても言葉遣いなどでがっかりさせられない、きちんとしたお店だなという信頼感があり、こういうお店は根幹もしっかりしていると感じさせられ、いろいろな意味で宮崎でトップクラスのパティスリーであることに間違いはないと思います。



en haut(アンオー)

世界一の称号を得た「en haut(アンオー)」のパティシエール芋生さんが、地元の宮崎にこだわり続ける理由。
関連記事

Comments 0

コメントはまだありません