【宮崎】桐木神楽堂

bon

ここまで洋菓子店を巡ってきましたが、宮崎へ来たらかるかんも買いたい!という訳で、和菓子店も行ってみよう。



桐木神楽堂
DSC00174_143686.jpg




お菓子(クリックで拡大します)
DSC00175_3098.jpg



おお、上品な生菓子がありますね。
友達にもらって気に入った高麗菓子(これがし)が無いか聞いてみたら



数個あったのを私が買ったので空っぽに
DSC00176_41441b4.jpg



とこしゑが『高麗菓子羊羹入』ということで、抹茶味のガーデンとともに購入。
かるかんはありませんか?と聞いてみたら、かるかんは本来は鹿児島のお菓子なので、宮崎ではどこでもあるわけではないそうですね。
子どもの頃宮崎へ来ると、親戚が毎回、お土産にかるかんをたくさん持たせてくれていたので、宮崎といえばかるかん饅頭だと思っていたのですが、そうだったのかーと思いました。



おかみさんとお話をさせて頂く中で、「高麗菓子は名前を変えて全国にあります」と言われた言葉にハッとしたのですが、京都の俵屋の雲龍ってもしかしたら高麗菓子なのかも…と思って調べたらこれまさにー!



雲龍(画像のページは→コチラ
unryuu.jpg



説明文中にある、村雨餡高麗菓子のことです。
雲龍は子どもの頃から食べ慣れたものでしたが(贈答品の定番なので、もらいものであったのだと思う)、餡の割合が多くこってりした感じで大好きではなかったんですけど…



また、村雨をWikipediaで引いてみたところ(→コチラ
・餡の一種。米粉とこし餡を混ぜ、そぼろにして蒸したもの。村雨餡。
・和菓子の一種。村雨餡を用いた棹菓子の関西での一般呼称。なかでも大阪府泉州地域の銘菓とされ、時雨とも呼ばれる。鹿児島県や関東で高麗と呼ばれる和菓子に似ている。



なかでも大阪府泉州地域の銘菓とされ
ってそうなの?!と思って調べてみたら、貝塚とかで高麗菓子を扱っている店が見つかりました。
桐木神楽堂さんを訪れたおかげで、まさか大阪に高麗菓子が見つかるとは思ってもみませんでした。



桐木神楽堂さんのとこしゑガーデン
DSC08944.jpg



竿もありますがこちらは個包装されたもの。角がきれいに出ていて美しいです。カチカチに固いわけでもなく、ふわふわすぎず、紙袋にピシッと並べてきれいに持ち帰れました。
高麗菓子(村雨)で羊羹を挟んであります。



DSC08949.jpg



日持ちが半月以上あったので、安心して買えます。



とこしゑ(172円)
DSC09015.jpg



そしてめっちゃウマーい!!!
むちっ、ほろほろした高麗菓子と甘さ控えめの羊羹。
もっと甘ったるいのを想像したので、良い意味で裏切られました。



ガーデン(194円)
DSC09018.jpg



抹茶味も合います。
京都のお茶会に出てきても見劣りしない美しさと美味しさです。



おかみさんはじめ店員さん皆さん感じがよくて、また是非お邪魔したいお店となりました。



桐木神楽堂
関連記事

Comments 0

コメントはまだありません