京都鳥羽 おせきもち

国道1号線、大阪から京都への入り口、城南宮の門前に、江戸時代を発祥とする街道のお餅屋さんがあります。



DSC_0582.jpg



おせき餅
DSC_0474.jpg
車が走っているのが国道1号で、その向こうの緑は城南宮



明治維新・鳥羽伏見の戦いで焼け野原となったここら。昭和7年の国道敷設に伴っておせき餅の店舗もここに移ったそうですが、発祥は江戸時代。鳥羽は都への入り口ということで、大変賑わっていたようで、そこでせき女という娘が茶屋を設けて、旅人にお餅を売ったのがはじまりとされています。



洛南・鳥羽の歴史とともに詳しくはこちらをどうぞ(クリックで拡大します)
DSC_0591.jpg



実家では、時おり父が買ってくるのでそれを食べていました。結婚してからは、車で、それも下道でのんびり来た時のみ立ち寄って買っています。
高速で来たら通り過ぎてしまうんですよね~(^-^;
公共交通機関で来るような場所でもないし…一応、市バスで目の前の城南宮まで来られるみたいですが…



おせき餅(4個入り430円)
DSC_0561.jpg



最高に美味しいものであるのですが、その美味しさが当日中なため、なかなか他人様に差し上げることもできないしろもの…



DSC_0570.jpg



中身は白とよもぎが2個ずつ。



DSC_0578.jpg



裏返すとこんな感じ
DSC_0586.jpg



歯切れよくコシのあるお餅に、さっぱりした甘さの粒あんが載っているシンプルなあんこ餅。
これがねー、美味なのですよ。あんこの味が垢抜けていて、なかなかこの値段で、これを超えるあんこはありません。
(あんこに塩が多すぎる店はアウトです)



ちなみにコシのある餅も好みです。私は求肥のようなねばーとしたものがあまり好きではないし、いつも大行列している出町ふたばの餅生地もネチョっとしてあまり好きではありません。
※あくまで個人の好みです。



おはぎ
IMG_8422.jpg



おはぎも売っていて、これもまた絶品です。
これは前に実家で食べた時の画像。



IMG_8423-1.jpg



ご飯とこしあんがなめらかに一体化しております。このあんもまた、濃さ甘さともにすばらしいバランス。
食事代わりに2個食べてしまうという暴挙。



IMG_8424.jpg



江戸時代から、どれだけの人がここのお餅を食べたのだろうな。京都と大阪を行ったり来たりしていた坂本龍馬も食べたかもな~。
近くにあったらしょちゅう寄ってしまいそうなお餅屋さんです。



おせき餅
店内喫茶で頂くこともできますよ~

コメント

hiro

だいたいどんなあんこも好きで食べますが、これは美味しい~!というものにはなかなか出会いません。でもおせき餅のあんこは見た感じ、好みかも?!

bon

●hiroさん●
和菓子好きなhiroさんに食べてもらいたいなぁー!
ぜひ、京都においでの際は、お店に食べに行きましょう。
食べたいものがいっぱいあるから、お腹がすかなかったりなかなかたどり着けないかも?!しれませんね。綿密な計画を立てておこしくださいませ〜。

hiro

楽しみにしてま~す♪

bon

●hiroさん●
╰(*´︶`*)╯
非公開コメント

プロフィール

bon

いろんなものを食べるのが好きで、せっかくなので記録を残したいと思い2005年2月にzaqブログで開始。
2009年3月に現ブログに移ってきました。


旧ブログはzaqブログサービス終了(2017年1月末)に従い消滅→親切な読者様のおかげで文章のみアーカイブ化。
旧ブログアーカイブ

食べ物ネタ中心、ドイツ好き。
管理人は記憶を兼ねた記録として活用しています。

京都で生まれ育ち、結婚を機に大阪に移住して夫と二人暮らし。
現在は主婦兼職業婦人として奮闘中。

★コメントは承認制ですので、投稿と同時に表示はされません。

※掲載時の情報や価格は変動するものですので、参考以上にはなさらないようお願いいたします。

カテゴリー

月別アーカイブ