カニツアー2018/香住蟹コース

bon

メインイベント、夕飯のカニコースです!
実は、今年は松葉カニではなく紅ズワイガニです…



DSC00815_701b89.jpg



いつもは解禁を待って、松葉カニを食べに行っていました。
ところが今年の松葉カニコースは安くて一人25,000円。いや、カニは高いし、それくらいなら安い方だというのはわかります。でも庶民には高い。そこへ、松葉カニの解禁前に紅ズワイガニ(香住カニ)コースを15,000円でやっていると知り、もうそれでよくね?となり、10月末に行ってきたのであります。


DSC00813_216aa.jpg



さて、食堂で驚いたのは、給仕スタッフが台湾人でした。
2年前は外国人スタッフはいなかったのに、この2年で、このような日本海の静かな街にも外国人労働者が来るようになったのねぇ~。



DSC00817.jpg



戦いのスタート。はい、カニとの戦いです。



焼きガニ
DSC00822.jpg



かにちり鍋
DSC00814.jpg



茹でカニ
DSC00815_701b89.jpg



天ぷら
DSC00826.jpg



初めて食べる紅ズワイガニ。
「みずみずしく上品な甘み」と説明されておりますが…



はっきり言って、水っぽいカニ
「みずみずしい」とは、物は言いようだな~と感心しました。
私はあと1万プラスで松葉ガニを食べたほうが、幸せになれたかな~。
食に関心のない夫は、紅ズワイガニでも十分と申していましたけど。
ほんと、こういうところで気が合わない。まぁ、おかげで毎日の食事は何でも美味しいって言ってくれるのは、助かりますけど。
なんで、今年はちょっとカニに欲求不満です…



DSC00828.jpg



締めの雑炊は日本人スタッフがやってくれました。
最後に溶き卵を入れますが、それが既に溶かれた、さらに水で薄めたような薄~い色の卵液でした。
ちゃんとした卵1個、目の前で割ってくれよ…



DSC00829.jpg



そんなわけで卵は雰囲気だけって感じの雑炊です。見るからに色薄くない?普通に卵割ったら、こんな色じゃないよね?
卵まで薄める?
まぁ、世の中そんなもの~



DSC00841.jpg



さて、ありがたいことに翌日も良い天気です。
ついでに、朝食バイキングもアップします。



DSC00839.jpg



内容はまずまず。前回がひどかったので、それと比べたら良かったです。刺身こんにゃくが美味しかったーってこんにゃくかよ!(笑)
あと、出石地方が近くなので、蕎麦も雰囲気ありました。



夫の①
DSC00837.jpg



これだけで既に一食分ありますが
(マカロニがこぼれているのは気にしない事)



夫の②
DSC00836.jpg



ドーンとおかずいろいろ。
旅行の朝食って、いつも食べる量とは比較にならないほど食べちゃいますね。
ちなみに、だし巻きやスクランブルエッグは色が薄く、昨夜の薄めた卵液で作ったのかしら…って感じでした。
それはなんぼ何でも、ないかしら。
業務用のマーガリンくさいスクランブルエッグが良いか、薄めた卵液で作った味のうすいスクランブルエッグが良いのか…という、低レベルな話です。



それでも満室でしたし、9月からは毎日こんな感じです、とスタッフはおっしゃっていたので、なかなか賑わっている、休暇村竹野海岸でした。



休暇村竹野海岸



つづく
関連記事
Posted bybon

Comments 0

コメントはまだありません