風邪にご注意201901

bon

金曜の夜は異常なしだったのですが。
土曜、目覚めたらなんかおかしい。
風邪でした。



最大値
201901282031424d0.jpeg




過去記事を振り返ってみると(そのために今回も記録)、前回風邪をひいたのは2016年11月。
2年以上風邪をひいておらず、乳酸菌摂取を続けて免疫アップしたかなと思っていた矢先にきましたー。
甘いわっ、という風邪の神様の声が聞こえる〜
※乳酸菌摂取でインフルエンザ罹患率ダウン、という研究が盛んに行われています。
→ヨーグルトでインフルエンザ感染率が大幅に低下
https://news.mynavi.jp/article/20110810-nk/




現在はやっとスマホでブログが書けるようになりました。コメント返答が遅くなって申し訳ありません。
ドイツ旅行ブログの続きは、下書き記事がありますので、この記事の後に公開します。
続きは、風邪の経過やその間の出来事、思ったことなとなど、雑談です。
お時間がありましたら、お付き合い下さい。


●土曜
37.7〜38.0度
●日曜
ぐんぐん上がり38.8度
●月曜
37.3〜38.4度の間をウロウロ
夕方が一番高かった
●火曜(きょう)
36.8〜37.3
だいぶラクになった



なお、
①38度越えの病人が菌を撒き散らしながら病院へ行き
②病人だらけの待合室で数時間苦しい待ち時間を過ごし
③そもそも正確性がどーのこーの言われているインフルエンザ検査に数千円の費用を払い
④さらに苦しい身体を引きずって薬局で薬をもらったとして、薬を飲んだら治るのが1日早まるかどうか

病院へ行くメリットないやん、というわけで家でマスクしながら寝て治しました。
さすがに日曜の夜38.8にまで上がったので、手持ちのボルタレン一粒飲みましたが。

検索ワードで
「インフルエンザ びょ」
まで入れたら
「インフルエンザ 病院行かない」
が出てくるので、同じ事考える人が多いみたいですね。

結果、医者のコラムなどで、
老人や子供を除く健康な人は、家で寝てたら治ります。
とのことでしたが、まさにその通りでした。
→ほぼ日 頭がすっきりする風邪の話。
https://www.1101.com/kaze_a/2018-09-27.html
(スマホで書いているので、リンク貼れなくてすみません)



・:*+.\(( °ω° ))/.:+←話の変わり目にこれ入れます



土日にガッツリ寝込んでいたので、夫が買い物行って食事を勝手にしてくれたのは、もう大変ありがたかったのですが。
ピークの日曜夜にカレーを作ると言い始めて、私はいらないと最大限抵抗したんですけど、まぁ、聞かんわな。
スーパーでカキフライ、ロースとんかつ、マカロニサラダを買ってきて、カレーと共に食え食えとうるさい。

こっちは38.5度越えで、苦しんでゼエゼエしてるのに、そんなもん食えるわけないだろう…
と言うと、ヘソを曲げるので、
とりあえず、よそわれたカレーに口をつけるも、
うっぷ、、
カレールーが油分なので、受けつけない。
柔らかいじゃがいもだけは美味しかった。
でも白いベタベタしたスーパーのマカロニサラダとか、フライとか、見るだけでムリ。
すぐに手が止まってしまい、
「せっかく作ってくれたのはありがたいけど、今はどれも食べられない。
ごめんやけど、また治ったらもらうわ。」
と言うと、夫はそうなの?食べたら元気になると思ったけど、残すなら俺が食べるわ。
と言って、いや風邪うつるし…と私が言うのもどこ吹く風で私の食べさしも平らげてしまいました。

私はこの夫の行動に、考えました。
訳がわからんではないですか。
カツカレーって、受験生じゃあるまいし、
この場合普通は、雑炊やりんご、うどんやろ。
西洋人ですらチキンスープだというのに。

だけど、せっかく作ってくれたのだし、余計な事を言って喧嘩になると面倒(俺やったらカレーでも何でも食うとか言い出しかねない)なので、黙っておくことにしていたのですが。

きょう、その謎がとけました。
聞けば、夫は大人になってから、風邪で仕事を休んだことがないというのです。
インフルエンザもなったことないし、
多分中学生くらいから、学校も休んだことないらしいです。
超人💦
泥水で遊んで育った発展途上国の子か💦

たしかに普段から丈夫だし、毎食必ず食べるし、体調の波がなくフラットで、規則正しい人間とは思ってたけど…
自分がしんどくならないから、しんどくなったら食べられないというのが、わからなかった。
元気が出る食べ物イコール、カロリーの高いものと思って、揚げ物も良いと思ったらしいです。
そうなんや…💦てかこれまでの人生で学ぶ機会がなかったのか?おかしいだろ。

こんな感じで、いてくれるのはありがたいこともある…反面。
口うるさいので、しんどいのに呼びかけられるたびに返事をせねばならないし、
いろいろしてくれるのはありがたいけど、してやったアピールにいちいちありがとう、ごめん、と気を使わねばならず、面倒くさい。
返事するたびに咳込んでいるのに、黙っててやろうとは思わないんだろうか。

平日になって仕事行ってくれて、一人になってからのほうがずっと気楽でした。悪いけど…



・:*+.\(( °ω° ))/.:+



しかし何ですよ。
アトピーの悪魔は、風邪の神様が出てくると静かになるのですが。
風邪の神様が弱ると、またアトピーの悪魔が力をつけてくるのですな。
風邪の最中はかゆみが出ないのです。
専門家の方々が、このへん研究してくれたらと思うのですが。

アトピーから今すぐ解放される方法はたったひとつ。
死ぬしかないんです。残念ながら。
私は今はその選択はしませんけれども、自殺者のうち長期皮膚疾患を苦にして、という人は一定数あるそうです。

アトピー患者はこの現実だけでも厳しい毎日を過ごしているのに、社会では健康な人と同じポテンシャルを求められるし、他で何か耐えがたいことがあったら、衝動的にその選択をしてしまう人がいても何ら不思議はないと思う。
究極やけど、逃れるにはそれしかないもんなぁ。
そうでないなら、いつかわからないけど治る日まで闘い続けるしかない。

風邪の間はかゆみがおさまるから、
治ったかも…って思ってしまうねんな。
ほかのアトピー患者さんも同じなのかなぁ。



・:*+.\(( °ω° ))/.:+



ドイツ旅行出発の一週間前くらい。
会社に来ていた人が、「なんか体調悪いし医者寄って帰りますわー。」と帰られて。
翌日「すんませんインフルエンザっしたー」
と連絡があり、ボコボコにしたくなる
と言う事があっても無事だったのに。
(しかし街中はこんな人がウロウロしてるんだと思う)
ここにきて倒れてしまうとは口惜しい。
風邪かインフルエンザかは調べていないので不明ですが、皆さんもマスク着用など、対策は万全に取られてご用心くださいませ。
関連記事
Posted bybon

Comments 7

コメントはまだありません
robbie

bonさま
こんばんは。
私もお正月が終わって風邪をひき・・。
耳鼻科に行きました。
(耳鼻科もココ!という所がなく、5軒目。トホホ)

ご主人のエピソード、微笑ましい。
でも自分がウンウン唸っている時などは、
正直ほっておいてほしい気持ち、分かります。

それにしても、忌々しいアトピーの悪魔。
乳酸菌を摂取していてもダメなのですね。
う~ん。

  • 2019/01/30 (Wed) 00:59
  • 返信
yuni

おおー。どうかお大事に。いつか体質変わって悩みを解消できるといいのにとお祈りするばかりです。周りでもインフルエンザや風邪が流行っております。体力回復されてお元気になられますように。

-
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/01/30 (Wed) 16:55
  • 返信
bon
bon
● robbieさん●

こんばんは。
robbieさんもお風邪でしたか。
今ものすごく多いらしいですから、かからない方が貴重かもしれませんね。
耳鼻科5軒目とは、年明けからそれだけでぐったりでしたね。

何でしょうね、
いつもいると鬱陶しいし、
ずっと一人だと、誰か居てほしいと思う。
結局は無いものねだりなんでしょうね。
気持ちをわかっていただけて嬉しいです^ ^

乳酸菌はサプリも含めて積極的にとっています。
そのおかげで風邪を2年以上ひかなかったのかもしれませんが。
アトピーには残念ながら効果ありませんでした。
そんな簡単に治るものではないなー、手強いなと思います。
いつもご心配くださり、ありがとうございます😊

  • 2019/01/30 (Wed) 22:23
  • 返信
bon
bon
●ゆにさん●

いつもご心配ありがとうございます!
おかげさまでだいぶよくなりました。
風邪、インフルエンザだらけですが、ゆにさんは大丈夫でしょうか?

世の中には色々なことで苦しんでいる方がたくさんおられますね。
生きるとは、いかにそれらを乗り越えるか、ということなのかと思います。
いつも優しいお言葉をいただき、感謝、感謝です^ ^

  • 2019/01/30 (Wed) 22:44
  • 返信
bon
bon
●鍵コメさん●

いつも温かい応援、ありがとうございます!
いろいろと聞かせていただき、涙が出ました。
なんで自分が…って思われたでしょう。きっとたくさん泣かれたでしょう。お話くださって、ありがとうございます。
お返事が長くなりそうなので、時間のある時にゆっくり、またこの欄でお返事書かせていただきますね。なので、待ってて下さい。
よろしくです\(^ω^)/

  • 2019/01/30 (Wed) 22:54
  • 返信
bon
bon
●鍵コメさん●

お子さんのインフルエンザ、大変でしたね。カギコメさんも看病で休みがなく、お正月どころではなかったのでしょう。
良い先生が近くにおられるみたいで何よりです。
医者といってもいろいろで、本当に信頼がおける良い先生に出会えることは奇跡のようなものだと思います。
私もアトピー治療で10軒以上の皮膚科に行きましたが、なかなかこの人と思える人に出会えず、病院探しに何度も心が折れました。
また親戚の医師たちから内情を聞いていますと、信頼できるお医者さんとの出会いは何よりの財産だと思います。

また病気の事もお話下さりありがとうございます。
他の難病の方とも接したことがあるのですが、まだまだ解明されていない病気、症状があるのですね。
こういう病気なのだ、という診断に至るまでいったいどれくらいの時間を要されたのか、と思うと気が遠くなる思いがします。
不安な、辛い時間を過ごされたことと思います。
また、診断されてからも、病気と付き合えるようになるまで、時間がかかったと思います。
そんな中でも子育てをされているのは、ご主人やご家族の理解があってこそなのかな。
周りの他人は理解されない、目に見えない苦しい部分が多々あるでしょうね。
お辛さを想像するだけで、涙がにじんでしまいます。

喉が腫れると気道を塞いでしまいますよね。
アレルギーの症状と似ていますが、それが全身どこにでも出るということでしょうか。
普段は普通に生活ができるとのことで、それは良かったと思いますが、
遠出や旅行はしづらいのではないでしょうか。
謎の腫れにしても、アトピーのかゆみにしても、どうしてそんなことが起こるのだろう、人間の身体って不思議です。
海水浴は子供の時は行っていましたが、それで私のアトピーは治りませんでした。
大人になってからは行っていませんのでなんとも言えませんが…
ご心配下さりありがとうございます(つД`)

これからも応援すると言っていただけて、とても嬉しいです。
鍵コメさんはご自身の症状がある中、育児までされていて、大変さは想像もつきません。
忙しくされていることと思いますが、また合間に遊びに来て頂けたらと思います。
私も応援しています。お互いに希望を持ってがんばりましょう(^^)/

  • 2019/02/03 (Sun) 10:51
  • 返信