2018年末ミュンヘン 復路 ミュンヘン空港ラウンジ

bon

帰る日です。4:50起床。
朝ごはんは、リシャルトで買っておいたモーンシュニッテ。



DSC03356_2019031421362fa.jpg



これまた、旅行中に食べたリシャルトのケーキでナンバーワンの美味しさでした。
帰る日に出会えるなんて、ヒドイ~(つД`)


DSC03361_201903145516171.jpg



けしの実たっぷり!また食べたい。



DSC03368.jpg



6時にホテルを出たら、ホテルの前が散らかってる…



DSC03369.jpg



花火の残骸。片付けろっての。
このへんが、日本とヨーロッパの違いを感じるところで、
子供の時から学校で、使った教室や机を自分たちで掃除することを学ぶ日本人と、
掃除するのはあくまで清掃員の仕事、と割り切るヨーロッパ、という感じがします。
早朝のドイツ繁華街はベルリンもそうでしたが、吸い殻だらけで汚いです。
それを毎朝、業者がきれいにするのですが、この日は普段のごみ+花火ごみがあり、清掃員の方もいつもより大変だろうと思います。



DSC03372.jpg



空港シャトルバスに乗るため、中央駅北口へ来ました。
ちょうど停まっていたバスに乗りました。往路と違い、客は少な目。
運転手のやる気なさそーなお兄ちゃんに復路チケットを渡そうとすると、チケットいりません(Ohne Ticket system.)とか言って、チケットなしで乗せていました。他の客からもチケットを取っておらず、皆さん若干戸惑ってました。
まぁ、確かに往路で往復買っているだろうから、会社としては損しないかもしれんが…



DSC03377.jpg



バスの乗客は半分程度。
そして、全員ターミナル2(ルフトハンザ側)で降りていって、ターミナル1は私ひとりでした。
往路もルフトハンザ客でバスはほぼ満席だったし、ミュンヘン空港の利用客、ルフトハンザが90%くらいなんじゃないの?
6:15のバスに乗り、7:00にターミナル1に到着しました。この時のように交通がスムーズにいった場合、ミュンヘン中央駅とターミナル1の所要時間は45分ですね。



DSC03379.jpg



しかし、またもやAFのカウンターがどこにあるのかわからん…
(往路はKLM、復路はAFのスケジュール)
聞いてみたらエリアDとの事。今、Aやし…
そういえば前回も通った、長~い歩く歩道を通ることに。
入ったらすぐにどこのカウンターにどの航空会社があるかわかる、関空のすばらしさを実感。



DSC03380_201903152011d34.jpg



ようやく到着。例によって、帰りも事前チェックインでアップグレード済。
ですが、チェックインはガラガラのため、プライオリティの意味なし。
ただ、帰りもアップグレードして本当によかった、と思うことになります。



DSC03386_2019035152327b48.jpg



元日早朝の空港は人もまばら。
こちらは店もなーんもないと言われる寂れたターミナル1ですから、ルフトハンザのターミナル2はもうちょっと賑やかなのかも。



DSC03385_20190391d6.jpg



ミュンヘンフランツヨーゼフシュトラウス空港、ターミナル1のAF/KLMラウンジです。



DSC03387.jpg



受付スタッフはドイツ人の男女がいて、なんと日本語で「オハヨウゴザイマス」と言ってくれました。
なんか、今回の旅行で親切にされたのって、こういう金を払った場所だけのような気がする…



DSC03389-1.jpg



先客はおらず。
私が一番乗りで、あとで黒人が2人来た。パリ行きっぽい。
この後は誰も来ず、ドイツの空港ラウンジ利用者が、アジア人と黒人だけという不思議な事態。



DSC03388_2019031531062d0.jpg



人がいない間に飲み物や食事のチェックしちゃおう。
食事といってもここは小規模で、軽食とデザートのみって感じです。



軽食コーナー(クリックで拡大します)
DSC03393_2019031535123ff.jpg

DSC03394.jpg

DSC03395.jpg

DSC03396.jpg

DSC03397.jpg

DSC03401.jpg

ドリンクコーナー(クリックで拡大します)
DSC03398_201903153837476.jpg

DSC03399.jpg



お茶はTEEKANNEやMeßmerのティーバッグがいろいろ。もちろんコーヒーメーカーもあります。
驚いたことに、受付のスタッフがコーヒーメーカーでコーヒーを淹れて飲んでいました。
欧米人のおおらかさを感じる一コマ。



DSC03403.jpg



ホテルで食べたのが5時ごろだったので、既にお腹空いてきました…
ダノンの生クリームプリンみたいなのを食べよう。



DSC03407.jpg



こんな商品でもちゃんと生クリームや牛乳でできています。
バニラ生クリームプリンって感じで美味し~!



DSC03411.jpg



さらに、ヨーグルトも食べ



DSC03412.jpg



メスマーのハーブティー。
そうこうしている間に、1時間以上あった待ち時間もあっという間に過ぎていきました。
関連記事
Posted bybon

Comments 6

コメントはまだありません
hiro

ラウンジはいいですね~♪
私は利用したことがないので、搭乗前は人がうじゃうじゃいる中でたくさんの荷物を持って椅子に座り、ただ疲れ切って・・・っていう状態ですな(-_-;)

bon
bon
●hiroさん●

そう、人がいっぱいで、一人だと肩身がせまいというか、
トイレにも行けませんよね。その間に席がなくなっちゃう…
いつも2人で行動する人には無い悩みかも知れません。
私は待ち時間も含めて、一人で飛行機に乗るというのがすごくストレスなので、ラウンジ利用できるのも精神的余裕に繋がります。
ほんとすごく楽なので、これからもビジネスクラスで旅行行けるように人生がんばろうと思えるほどです!

  • 2019/03/19 (Tue) 07:56
  • 返信
高兄

bonさん、こんにちは

いよいよ、ミュンヘン旅行記も

大詰めですね

最後は、買ってきた御土産のお話もあるのかな?

robbie

bonさま
こんばんは。
T1はこんな感じなのですね。
ルフトのターミナルは、ビアホールあり、
スーパーマーケットあり、移動距離が短くて
使いやすい空港という印象でした。

ラウンジの写真。飲むヨーグルトの上。
パンパンに詰められたものは何でしょうか?
腸詰めかしら?

次回も楽しみです。

  • 2019/03/19 (Tue) 20:59
  • 返信
bon
bon
●高兄さん●

こんばんは。
ありがとうございます。
お見通しのように、買ってきたもの記事が続きます。
よかったらお兄様もお付き合いください(*^-°)v

  • 2019/03/19 (Tue) 21:15
  • 返信
bon
bon
●robbieさん●

こんばんは。
おお~っ、さすがよくご存じです。
2013年の時、T1を見に行きました。
大きなEDEKA(スーパー)あり、ビアホールはエアブロイですね。
あの時はクリスマスマーケットもやっており、別世界の賑やかさでした。
T2の静けさからは想像もつきませんよね…^^;
この春から、ルフトハンザが関空フランクフルト線を廃止し、ミュンヘンに変更になったので、
いつかもしかしたら、私もT2に着陸なるか?と思ったりしています^^

ラウンジ写真で気になられたのはソーセージみたいな形のやつですよね。
私も興味ありつつ触らなかったのですが、たぶんレバーペースト系パンのお供かと思います。
肉屋とかで煮たようなのが売っていました。
食べてみたかったのですが、はまりそうで…危険なので敢えてのスルーです!(笑)

それと、だいぶ前にrobbieさんが下さったコメントで、
テレビドイツ語で出てきた醸造所のことを書いてくださったことがありました。
私はその時、ヴァイエンシュテファン醸造所のことかと思ったのですが、
録画しているテレビドイツ語を見ていたら、アウグスティーナー醸造所(木樽のやつです)が出てきて
「あ、robbieさんがおっしゃっていたのはこっちかも?」と思いました。
録画がたまっていたのを見てやっとおいついてきました。
4月からは、また現在のミュンヘン編の再放送みたいです。

いつも励ましのコメント、本当にありがとうございます★

  • 2019/03/19 (Tue) 21:28
  • 返信