2018年末ドイツで買ったもの オーストリア国民的お菓子

bon

旅行記に続きまして~
戦利品いろいろ、事後レポートです。まずは、ザルツブルクのマンナーショップで買ったもの。
◆マンナーショップへ行った時の記事は→コチラ



DSC02361.jpg



Napoli Dragee Keksi Classic(€1.99)
DSCF1127.jpg



オーストリアでは一般的なお菓子で、どこでも売っているとか?
ビスケットにチョコレートがかかったお菓子です。



DSC02362_20190383724fd0.jpg



表面は光沢材処理されていてツルツル、手が汚れない。
チョコレートの色が濃いのと薄いのが入っていて、濃いほうはビターチョコレート、薄い方はミルクチョコレートでした。
このチョコレートが本格的で美味しい!



DSC02364.jpg



中はサクサクのビスケット。
そんな高級品でもないのに、チョコレートの主原料がカカオバターなのがすごいです。



DSCF1076_2019015184239122.jpg



ちなみに原材料にはパーム油も入っていますが、日本だったら絶対ショートニングが主原料になるだろうので、その辺に味の違いがあるなぁと思いました。美味なのでサクサク、サクサクとつい食べ過ぎてしまいます。
ドイツ旅行中は歩いていたおかげでちっとも太らなかったのに、日本に帰って来てから太るいっぽう…



Manner(マンナー)Original Neapolitan Wafers
DSCF1122.jpg



ヘーゼルナッツクリーム入りウエハースです。
左の大袋はミュンヘンのドラストで購入、クリスマスパッケージのため半額(€1.39)でした。
右の四角いパッケージのもの(4個セットで€2.69)が、一番定番のスタイルです。



DSCF1016.jpg



原材料とカロリー
DSCF1018.jpg



油脂はココナッツ油とパーム油。ヘーゼルナッツクリームに使われているのかと。
パーム油もマーガリンやショートニング同様に安価で大量生産、人体に良くない油脂と認識していますが、マーガリン、ショートニングと比べると味への悪影響が少ないと感じます。その使いやすさから、日本でも植物油脂という材料名でいろいろなものに使われています。
ドイツ旅行でお菓子チェックしていて感じたのは、マーガリン、ショートニングは滅多に見ませんが、そのかわりパーム油が多用されている印象をもちました。



DSC02371.jpg



さて、四角いパッケージの中身はこんな感じで、フィンガーサイズ10個にカットされています。



DSCF1020_20195190711464.jpg



ヘーゼルナッツクリーム入りのシンプルなウエハース。まぁ、想像できる味かもしれませんね。
ドイツとかあのへん、ヘーゼルナッツ好きだなぁと感じるのですが、私はあまり好きではなく、ヌテラも別に~って感じ。ですが、このウエハースはサクサクとしたウエハースとのバランスがよく、美味しくいただけました。
でもまぁ、食べてみたら満足しましたし、リピートするほどでもないです。
今度はレモンクリームやバニラクリームといった、他のフレーバーを試してみたいですね。



モーツァルトクーゲル(€4.39)
DSCF1079.jpg



マンナーショップで売られていたモーツァルトクーゲルです。
モーツァルトクーゲルというのは、ヌガーやマジパンをチョコレートで包んだ玉のことで、訳すと「モーツァルト玉」



見づらいけど原材料
DSCF1081_201901519095608d.jpg



今回はフュルストで買わなかったので、かわりに…という感じで買ったのですが…



DSC02422.jpg



なんだじゅうぶん美味しいやん♪
チョコレートもちゃんとカカオバターでできていますし、そういうのがちゃんと感じられる美味しさです。
1日1個、楽しみに食べていました。



モーツァルトクーゲルは、まだ私がドイツに興味もなかった20歳すぎたころ、お土産で一つコロッともらったことがあって、それを食べてなんじゃこれは!と感動した記憶があります。もちろんその当時モーツァルトクーゲルなんて名前も知らず、あの時もらったのはどこのメーカーだったのかもわかりませんが、やっぱり私はこういう味が好きなんだなと思います。



Manner
austria-mozartkugel.com
関連記事
Posted bybon

Comments 2

コメントはまだありません
hiro

へ~、パーム油ってあんまり気にしていませんでしたが、あまりよろしくはない油なんですね。
大量に使われているものは安価で使いやすいからだろうけど、体にいいものは多くが高価だから選択も難しくなります(-_-;)
どちらもほどほどにしないと、ね。

bon
bon
●hiroさん●

そうなんです。
パーム油も精製法に問題があるのと、インドネシアだったか?森林を伐採してアブラヤシを植えるから環境破壊がひどいとかなんとか…昔読んだ本に書いてあったと思います。
おっしゃる通りで、安いものも世の中には必要で、それにはふさわしい材料がいるので、仕方ありませんね。
消費者が選んで購入しなければならないのですが、日本は「植物油脂」と一言で済ませてしまうので、それが何なのか?わからないという問題があると思います。市販品を買う以上、避けて通れない道ですね。

  • 2019/03/21 (Thu) 22:47
  • 返信