2018年末ドイツで買ったもの ダルマイヤーとアイレス クリスマスチョコレート食べ比べ

いずれもミュンヘンを代表する、コーヒーや紅茶を扱う老舗。Dallmayr(ダルマイヤー)とEilles(アイレス) のクリスマス限定スパイス板チョコレートです。



DSC_1302.jpg



ちょっとタイプの違う2枚ですが、食べ比べてみました~。


Weihnachtsschokolade/クリスマスチョコレート(€3.50→€2.50)
DSCF1085_20190333947a50.jpg



ダルマイヤーのほうは、
シナモン、メース、スターアニスのスパイスが入ったカカオ38%のミルクチョコレートです。



Weihnachtsschokolade/クリスマスチョコレート(€2.99)
DSC03520.jpg



アイレスのクリスマスチョコレートは「Vollmilch-Schokolade mit Spekulatius-Stückchen」スペキュロスクッキー入りミルクチョコレート。カカオ濃度35%。
スーツケースの中で、ビン類の重たいものがのしかかったようで、チョコレートが割れていました。



DSC03501.jpg



箱もボロボロ(汗)



原材料とカロリー



ダルマイヤー
DSCF1090.jpg



アイレス
P1010775.jpg



中身



ダルマイヤー
DSC_1301.jpg

DSC_1308.jpg



スパイス入りのためザラザラとした感じです。



アイレス
DSC_1299.jpg

DSC_1307.jpg



アイレスは、チョコレートにはスパイスは入っていませんが、スペキュロスクッキーにシナモンやスターアニスが入っているようです。



DSC_1306.jpg



左:ダルマイヤー、右:アイレス
ダルマイヤーのは、スパイスの粉末がじょりじょりと感じられる、ミルク感の強いチョコレート。
アイレスのはまったりとミルキーなチョコレート、そこにサクサクのスペキュロスクッキーが入っていて、これも面白い食感でした。



ついでに、ダルマイヤーのクリスマスチョコレートの箱2013年と2018年バージョン。



DSC03524_20190142511a7e.jpg

DSC03526.jpg



クリスマス商品も満喫しましたし、もうクリスマス時期はしばらく良いかな~。
ただひとつ、ダルマイヤーのクリストキンドルシュトーレンが品切れだったのが残念でした。

コメント

hiro

スパイス入りのチョコは美味しいですね~♪

bon

●hiroさん●
ですよねー!日本ではあまり見ないおいしさだと思います😋
非公開コメント

プロフィール

bon

いろんなものを食べるのが好きで、せっかくなので記録を残したいと思い2005年2月にzaqブログで開始。
2009年3月に現ブログに移ってきました。


旧ブログはzaqブログサービス終了(2017年1月末)に従い消滅→親切な読者様のおかげで文章のみアーカイブ化。
旧ブログアーカイブ

食べ物ネタ中心、ドイツ好き。
管理人は記憶を兼ねた記録として活用しています。

京都で生まれ育ち、結婚を機に大阪に移住して夫と二人暮らし。
現在は主婦兼職業婦人として奮闘中。

★コメントは承認制ですので、投稿と同時に表示はされません。

※掲載時の情報や価格は変動するものですので、参考以上にはなさらないようお願いいたします。

カテゴリー

月別アーカイブ