道後 つぼやの坊ちゃん団子と醤油餅

bon

もうすこし道後買い歩きの続きです。商店街にあったつぼやに立ち寄りました。



ehimekouti201905 (914)



つぼや
ehimekouti201905 (912)
間違えて画像をいつもより小さくしてしまいました…



タルトと並び、愛媛県の郷土菓子として有名な坊ちゃん団子。これもいろいろな会社が作っていて、まるで京都の八つ橋みたい。
観光客に有名で、大阪のデパートでも売っているのは株式会社うつぼやのほうですが、元祖はここ、つぼや。屋号がまぎらわしいですが、つぼ屋は壺がトレードマークなのに対し、うつぼ屋の由来は古事のうつぼ船だそうです。偶然にしちゃあよく似た名前ですな。



ehimekouti201905 (910)



気の利いたことに、坊ちゃん団子2本入りから気軽に買うことができます。
大量生産のうつぼ屋は、なんと1本ずつのパックもそこらへんで売っています。時代ですねぇ。



ehimekouti201905 (911)



醤油餅もひとつずつ買えます。というわけで



坊ちゃん団子2本入り(220円)
醤油餅(130円)
ehimekouti201905 (967)



買いました。機械生産ぽくなく、手作り感がありますね。ホームページによれば一本ずつ手作りなので生産数に限りがあるようです。



ehimekouti201905 (980)



醤油餅。薄いフイルムに包んでから真空パックされていました。



ehimekouti201905 (990)



これがけっこうベタベタ~ネバネバ~としてフイルムをはがすのに一苦労。
まるでトリモチです。



ehimekouti201905 (993)



手につくつく。
この食感があまり好みではなかったです。すみません。てか京都の出町ふたばの餅も、ここまでじゃないけどこの系統なので好みじゃないんですよね。あの店の前だけいつでも人がウジャウジャ群がっていますが、そこまでか?!といつも思います。



ehimekouti201905 (1006)



坊ちゃん団子はこしあん派には定番のおいしさです。
ただ、これも八つ橋同様、失礼ながらどこの会社でもたいてい美味しい、んだと思います。
であれば、手広くやっているうつぼ屋よりは、つぼ屋を選ぼうかな、と思いますが。



つぼや



商店街にあった坊ちゃん人形
ehimekouti201905 (880)
関連記事
Posted bybon

Comments 0

コメントはまだありません