美しい日本庭園を眺めて 京都平安ホテルでランチ

アメリカの日本庭園専門雑誌The Journal of Japanese Gardeningというのがあって、そちらで毎年発表される「優れた日本庭園ランキング」で常に5位以内に入っている京都平安ホテルの庭。ちなみに1位はずーっと島根県の足立美術館でもはや殿堂入りレベル、外国人もたくさん訪れているとテレビ「所さんの目がテン」でやっていましたが、平安ホテルは地元の人ばかりで、中国人観光客の未開の地です。



P1020280.jpg



もとは公家さんのお屋敷だったこちら。
そりゃそうで、ここは御所の西隣なのです。おじゃる丸みたいなのがここに住んでオッホッホ~と言っていたかどうかは知りませんが、そののち共済組合会館として公務員たちに利用され、現在はホテルとして一般に広く開放されています。お手頃ホテルなためか、私の親世代は同窓会や会合などの会場として定番の場所であり、今さら庭も見飽きたようなことを言っていました。そんな古い存在でありますが、とめやすい駐車場もありますし、値段よく美味しいので、私はすっかり気に入りました。初夏に夫と日曜ランチへ行きましたが、あっという間に満席になる人気ぶりでしたよ。
カフェアルボワ
IMG_9913.jpg



窓際の特等席は数が限られているのですが、この日は早く行ったので案内していただくことができました。



P1020267.jpg



ここ、7:00~10:00は朝食バイキング会場になるようです。
その他のお席はこんな感じ。



P1020269.jpg



この後、あっという間に満席になりました。でも日本人ばかりなので落ち着けます。



P1020270.jpg



席からの眺めはこんな感じです。



P1020271.jpg



表は烏丸通ですが裏手にはこの通り見事なお庭が広がっています。貴重な京都の鞍馬石や加茂川石、白川石がふんだんに使われているそうです。
この景色を見ながらランチ、というだけで気分が良いですよね~。
夫は日替わりランチ(1,500円)
私はシェフのおすすめランチ(2,500円)
にしました(◦ˉ ˘ ˉ◦)



P1020272.jpg



ちょっと高そうなおしぼりと、膝にかけられるサイズの紙ナプキンが揃います。カジュアルでもちゃんとしていて、こういうところがホテルかな。



P1020273.jpg



ランチどちらにも、まずたっぷりのサラダがきます。



日替わりランチ
P1020274.jpg



松坂ポークのソテーです。※黒板には牛ハラミと書いてあり、書き間違えか昨日のままとか?私たちは口頭で確認したので、黒板は見ていませんでした。



P1020275.jpg



まんまるのじゃがいもコロッケ。



シェフのおすすめランチ
P1020277.jpg



牛ミスジのグリエ、エビ・イカ・ホタテ・キハダマグロのフライ。パンにはバターが添えてあります。



P1020279.jpg



口頭でミスジと聞いて迷わずこれに。ただ、ミスジにしてはかためで、うまみもあまりなく…これこそハラミじゃないのかねとか思ったり。
いろいろ食べられたので満足感は二重丸です。
ちなみに夫がいるときは少しずつ食べてもらっています。



P1020283.jpg



ラタトゥイユが隠れていました。



デザートの小菓子とドリンク
P1020287.jpg



カラメルソースのかかったババロアでした。小さいけどすごくおいしかったです٩(๑> ₃ <)۶
外の喧騒を忘れて、お庭を愛でながらのゆったりランチはすばらしく居心地が良いです。店員さんも親切ですし、また行きたくなります。
ここはカフェアルボワのレストランスペースですが、喫茶スペースもまた別記事にアップします。
カフェの記事



京都平安ホテル
ホームページでランチの日替わり内容も見られます。

コメント

robbie

bonさま
こんな穴場を紹介してくれて、
ありがとうございます。
京都、行きたいのですが「混んでそう」という
イメージが・・。
そうやって二の足を踏む日本人は多いと
思います。

bon

●robbieさん●
京都は小さく狭い街なのに、外国人観光客が急激に増加したため、街から溢れかえっているような印象です。
そのため日本人観光客に敬遠されている…と最近の報道でありましたね。
本当に、うんざりするくらい外国人だらけで、私もあまり行きたくないので、自然と足が遠のく気持ちよくわかります。

ただ、このホテルの近くの御所周辺、同志社大学、その隣の相国寺(しょうこくじ)へも行きましたが、日曜なのに外国人どころか日本人も少なくて、静かでとても良かったです。このあたりは前から落ち着いた地域ですが、変わっていなくてホッとします。
相国寺は俵屋吉富のお菓子「雲龍」、その発想のもととなった雲龍図のあるお寺で、この時は春の特別拝観‘鳴き龍’が見られる期間だったのですが、それでもぜんぜん人がいなくて驚きました。
場所を選べば京都にもこんなところはたくさんあります。
robbieさんの京都観光の際の参考になれば幸いです^^
非公開コメント

プロフィール

bon

いろんなものを食べるのが好きで、せっかくなので記録を残したいと思い2005年2月にzaqブログで開始。
2009年3月に現ブログに移ってきました。


旧ブログはzaqブログサービス終了(2017年1月末)に従い消滅→親切な読者様のおかげで文章のみアーカイブ化。
旧ブログアーカイブ

食べ物ネタ中心、ドイツ好き。
管理人は記憶を兼ねた記録として活用しています。

京都で生まれ育ち、結婚を機に大阪に移住して夫と二人暮らし。
現在は主婦兼職業婦人として奮闘中。

★コメントは承認制ですので、投稿と同時に表示はされません。

※掲載時の情報や価格は変動するものですので、参考以上にはなさらないようお願いいたします。

カテゴリー

月別アーカイブ