鯛めしはなびの夜

鯛めしおかわり自由のランチを気に入っている、谷町二丁目の鯛めしやはなび。夫と夜に行ってみました。



鯛めしやはなび
P1020299.jpg



7月になると鱧(ハモ)が食べたくてうずうず。
祇園祭は別名「鱧祭り」と呼ばれ、そのためか幼少期から夏といえばハモを食べていましたので、今でもその習性が抜けないのです。鱧が旬のこの時期に、大阪で開かれる天神祭も同様に鱧祭りと呼ばれるそうで、京都、大阪には私と同じような人も多いかもしれません。
というわけで7月に入ってすぐのころ、はなびにハモがあるのではないか?と電話で問い合わせしたところ「あります」とのおこたえを頂き、突撃したわけです。
夜メニューの一部(クリックで拡大します)
P1020298.jpg



ハモある(* ˃ ᵕ ˂ )b
食べるぞ~



お通し
P1020301.jpg



中身はこんな感じ。
P1020302.jpg



角煮、こりこりの梅軟骨(くらげ)、イカ塩辛。



泉州水なすぬか漬け(380円)
P1020309.jpg



大阪、泉州名物の水なすのぬか漬けは浅い漬かり具合でフレッシュ。フルーツみたいに甘くてみずみずしい。



造り盛り合わせ(五種・二人前)(2,400円)
P1020304.jpg



お造りは魅せる盛りで。新鮮で美味しいです。



ハモ落とし
P1020312.jpg



落としはメニューには無かったのですが、時間はかかるけどできます、との事でお願いしました。やっぱり落としを食べないとならん。
ハモには相当うるさい私ですが臭みもなく皮の硬さ等も文句なし、おいしく頂きました。ハモ落としといえば梅肉ですが、お醤油も出してくださって、わかってらっしゃるなと。



ハモの天ぷら(880円)
P1020310.jpg



天ぷらは言わずもがな、落としが美味しいんですから。



車海老天ぷら(1,380円)
P1020316.jpg



天ぷら2種類も欲張ったなとは思いましたが、「有頭エビ」ではなく「車海老」とあらば食べなければと。



P1020317.jpg



頭もカリカリに揚げてあって、うれしく食べますよ。



ここまででお腹いっぱいなのですが、やっぱり最後は



名物 別格鯛めし(2人前)(1,800円)
P1020318.jpg



土鍋炊きの鯛めしです。写真を撮りやすいように鍋を傾けてくださいました。



P1020319.jpg



鯛漬け・薬味・出汁のお茶漬けセットになっているので、すでにお腹いっぱいですが、、



P1020320.jpg



P1020322.jpg



炊きたてをそのまま少し頂いてからお茶漬けに。



P1020325.jpg



食べきれない鯛めしは持ち帰りにしていただき、夜も大満足!のはなびでした。
スタッフも感じ良いし、平日なのにほぼ満席で大賑わいの人気なのも納得。



鯛めしやはなび 谷町二丁目

コメント

高兄

bonさん、こんにちは

そ~いやぁ~この夏は、

鱧、未だ食べてへんわ^^;

台風、そちらも大丈夫でしたか?

もう、五山も終わり・・・

残暑、お見舞い申し上げます^^;

bon

●高兄さん●
高兄さん、こんにちは。

残暑お見舞い申し上げます。

先日、京都へ行きましたら恐ろしい暑さでした。
近くですが、暑さが違いますね。

今回の台風は、身構えていましたがなんとか過ぎ去ってくれました。
しかし今後も次から次へと来るだろうので、まだ油断できませんね。

五山送り火が終わると、気分的には夏が終わったな~という感じですが、
まだまだ殺人級の暑さが続くようです。
兄さんもどうぞご自愛くださいませ。
非公開コメント

プロフィール

bon

いろんなものを食べるのが好きで、せっかくなので記録を残したいと思い2005年2月にzaqブログで開始。
2009年3月に現ブログに移ってきました。


旧ブログはzaqブログサービス終了(2017年1月末)に従い消滅→親切な読者様のおかげで文章のみアーカイブ化。
旧ブログアーカイブ

食べ物ネタ中心、ドイツ好き。
管理人は記憶を兼ねた記録として活用しています。

京都で生まれ育ち、結婚を機に大阪に移住して夫と二人暮らし。
現在は主婦兼職業婦人として奮闘中。

★コメントは承認制ですので、投稿と同時に表示はされません。

※掲載時の情報や価格は変動するものですので、参考以上にはなさらないようお願いいたします。

カテゴリー

月別アーカイブ