【都会のくまさん】19/Kurfürstendamm

bon

-
質実剛健なドイツ人。というわけで高級ブランドがあまり幅をきかせていない模様。
そんな中で珍しく高級ブティックの並ぶベルリンのお洒落ストリート・クアフュルステンダム(クーダム)。緑のじゅたんが敷かれたショッピングモールがあって、高級食器マイセンのアウトレット店など興味がなくともうろうろしているだけで楽しかったです。



日曜だったのでお休み?それともこの時21時まわっていたから閉店後だったか。
クーダム



そんなところにも熊は居る。なぜならここはベルリンだから(と哲学的に言ってみる)。



クーダム (1)



Kurfuuml;rstendamm



金銀色で高級感を出しているのかな?



Kurfuuml;rstendamm (1)



背後は鉄道(Sバーン)が走っています。この高架、つくりといい色といい東京の有楽町~新橋駅あたりと瓜二つなのですがそれもそのはずで、あの界隈はJR東日本が明治5年に開業するにあたり招いたドイツ人技師による指導と設計によるものなのだそうです。高架の鉄道とそのルート、山手線の環状化も彼らの指導により計画されました。鉄道先進国ドイツのノウハウ、特に当時既に運行していたベルリンの鉄道の不便と失敗をもとに考え出された最善案が、東京の鉄道マップなのだそうです。



東京の鉄道計画にドイツ人がかかわっていたとは驚きました。
(この知識も「素顔のベルリン」より)
関連記事
Posted bybon