明日!世界ふれあい街歩きはドレスデン(ドイツ)です。

bon

タイトルに要約していますが!



NHK世界ふれあい街歩き
火曜日 午後8時~8時44分




明日はドレスデンです!



ドレスデンはエルベ川沿い、陶器の町として有名なマイセンの近くの旧東ドイツだった都市。



ドレスデン



第二次大戦末期の空襲で街のほとんどが灰燼に帰した…
しかしドイツ人は当時の瓦礫をひとつずつ集めて組み立てるという気の遠くなるようなプロセスによって再建させた。ドイツ人にとっての、復興への情熱や意地が、ここの景色の中にはあった。



ドレスデン



わたしの歩いたドレスデン
あなたの歩いたドレスデン
まだ見ぬ方も、興味があればぜひどうぞ。



ドレスデンhbf



ドレスデン



川口マーン惠美さんのドレスデン逍遥―華麗な文化都市の破壊と再生の物語、多くの取材に裏付けされた情報と彼女の持ち味である軽妙な筆致にひきこまれます。わたしにドイツの知識を与えてくれたマーンさんの著書の影響は大きいです。
ドレスデン逍遥
※川口マーン惠美さん。川口さんといっても誰かわからず、我が家では通称マーンさんとなっています。



マーンさんの先日のコラムのタイトルには一瞬ドキッとしました
「ドイツは中国の植民地になった」。温家宝「皇帝」にすり寄り、エアバス50機の契約書を持って帰ったメルケル首相の「朝貢外交



また話がそれていくようですので強制終了~
関連記事
Posted bybon

Comments 15

コメントはまだありません
hiro

こういう番組は後でじっくり見たいので、早速録画予約~!しかし、この手の旅番組、かなりたまっております・・・。私が興味を抱くのはドイツ語圏の国々、東欧諸国、あとはアジアの国々~。
いいですね!ドレスデン!2~3度訪れましたがなぜか惹かれるこの街。もしもドイツに住めるのなら私はドレスデンに住みたいです(なぜなんでしょうかね・・・?)!

bonさん、リクエストお待ち申し上げておりますよ~♪

あん ぱん

早速録画予約しました~!
恥ずかしながらドレスデンって名前すら知りませんでした。今夜じっくり見てみます。

川口マーン惠美さんにも興味津々。。
早速メモってしまいました^m^

robbie

マーンさんのコラム読んでみました。なるほどなー、でした。ベルリン新空港のコラムもおもしろかったです。またまた開港延期されたようで・・・。ありえない。もっと怒ってもいいのに、ベルリン市民!

ゆに

見ます!いつか訪れることができたら、きっとためになるとか思いながら見るのが楽しいのです!

bon
●hiroさん●

今見終わりました。
よかった~!感動。
hiroさんもあの景色をぜひご覧になってください!
わたしもドレスデンはまた行きたいって思います。
西洋だけど東欧の風も感じられるところですよね。住むならドレスデンなんて素敵だな♪

わたしもいっとき録画がたまりすぎてHDDの残時間が10分とかになったこともありました^^;
見たい番組ばかりなのに、ためると億劫になるんですよね。
ドイツ旅番組は旅行後のシマッタ!があるといけないので
がんばってひとつでも多くご覧になったほうがよいのではっ。

リクエスト、もうそろそろそんな時期ですね…
近々送りますっ( ̄^ ̄)>

  • 2012/09/18 (Tue) 20:52
  • 返信
bon
●あん ぱんさん●

わたしもドイツに興味をもつまでは知りませんでしたよ!
でもとてもすてきなところでした。
番組みましたが、やっぱりまた行きたいなぁと思いました^^

川口マーン惠美さんの本はとても読みやすくて楽しめます♪
わたしが初めて彼女の作品を読んだのは、日独の文化の違いを知りたくてそういう本を探していたときにであった「サービスできないドイツ人、主張できない日本人」という著書です。これからすっかりはまってしまい、既刊はすべて読破しました。
ご興味がおありでしたら、ぜひ一度お手にとってみてください。

  • 2012/09/18 (Tue) 20:56
  • 返信
bon
●robbieさん●

マーンさんのコラムご覧になりましたか、ドイツに興味をお持ちであればなかなか面白いでしょう?
ベルリン新空港の開港延期はわたしもびっくり!
どこの国も利己的な政治家ばかりで、国民が苦労させられますねぇ。

  • 2012/09/18 (Tue) 21:00
  • 返信
bon
●ゆにさん●

よかった、ゆにさんにもいつかあの景色を見ていただけたらなぁと思います。
自分が通った道が映って感動しちゃいました(* ̄∇ ̄*)

  • 2012/09/18 (Tue) 21:01
  • 返信
yamachan

こんばんは。
自分の歩いた街が写真になってたり、TVに映ったりすると、嬉しいなぁって思うのはyamachanだけかしら?(^^ゞ
しかも、それが外国だったら、アチコチに電話して「見て!見て!」と大騒ぎしそう。
ドイツには、あまりにも悲しすぎる歴史があり、今の町並みでは想像もつきませんけど、どの国にも歴史はありますよね。
食べ物1つとっても、どんな歴史の元に作られたのか、歴女のyamachanとしては知りたくなっちゃいます(^^ゞ

  • 2012/09/18 (Tue) 23:18
  • 返信
hiro

読み飛ばしていましたが、川口マーン恵美さんのコラム、読ませていただきました。
中国、ねぇ・・・。ここ最近のニュース・新聞も中国ばかり。
この話題についてはいろいろ議論もあるでしょうけど、同じアジア人なのに悲しいことですね・・・。こういう場では語る気になりませんね!(楽しい話題で!)

川口マーン恵美さんのこの著書の表紙の写真、何だかちょっと物悲しくなる感じ。これから寒くなって日も短くなり、ちょっぴり物思いに更ける、あ~、なんかそういう季節って好きだな~。
今朝なんてとってもヒンヤリしていて、嬉しくなってきました!

かねごん

私も録りましたよ。

自分が行ったことのある街並が放映されるのって、すごく楽しみですよね。

ブリュッセルやブリュージュとか、しっかり録ってます。
(ドレスデンは行ってないけど)

ブリュッセルのグランプラス周辺も戦争で破壊されたあと、
同じようにして造り直しているんですよね。
彼らの街に対する誇りと意地を感じますね。

  • 2012/09/19 (Wed) 12:29
  • 返信
bon
●yamachan●

こんばんは。

旅行先だけでなく、たとえば地元がテレビに映ると感激しますね。
自分の見た景色をテレビで見るというのはとても不思議な感覚。

そうどこの国も戦いの歴史がありますね。
ドイツは崩れた石造りの建物を、瓦礫を集めてまた元通りに再建したことに感動しました。
それはものごとに対して律義で正確で、勤勉な人種でないとできないでしょうから。

yamachanは戦国武将だけでなく、さまざまな国や文化の歴史に興味を持っていらっしゃいますね。
歴史がきっかけでこれからもどんどん世界が広がっていくでしょうね~!
どんなことでも興味をもってハマれることを持っているのは強いと思います!

  • 2012/09/19 (Wed) 21:46
  • 返信
bon
●hiroさん●

まぁそうですか!なんか強制したみたいでスミマセン。でもドイツに関心のある方には面白いコラムでしょう?!
彼女は尖閣へ向けて船でむかわれたこともありますし(もちろん上陸はされていません)ドイツにいらっしゃるからこそだと思いますが、日本の現状を歯がゆいきもちでご覧になっていることでしょう。
彼女の視点は右も左もなくど真ん中で、わたしはとても好きです。

>川口マーン恵美さんのこの著書の表紙の写真、何だかちょっと物悲しくなる感じ。
本当にそうですね、とても美しい景色ですが、暮れゆく直前のような青空がそう思わせるのか、ドレスデンの悲劇によるものなのか。
ドイツ旅行から帰ってからでなく、行く前にこれを読んでおきたかったと思いました。

こちらも今日はとてもさわやかな風がふいていましたよ。
やっと、秋かな?関西はまだ油断できませんけどね^^;

  • 2012/09/19 (Wed) 22:10
  • 返信
bon
●かねごんさん●

かねごんさんは見てるやろうなと思っていました(笑)

あの番組は行ったことのない場所でもももちろん楽しめますが、ちょっとでも土地勘があるとがぜん盛り上がりますね。
ドレスデンの新市街ももっと奥まで行ってみたらよかったと思いました。
あと、聖母教会前のソーセージ屋台を見逃したことがショック!次こそは。

そうかー、グランプラスもじつは粉々になったんだぁ…
ベルギーはすぐに降伏したし、そんなに爆撃の被害はなかったのかなくらいにしか考えてなかった。
ベルギーのこと、ぜんぜん知らない…
本当は破壊されなかったほうがよかったに違いないけれど
悲劇があって、でも地域の人の手によって気の遠くなるような手間を経て復元した姿はまた一段と雄大な感じがする…

  • 2012/09/19 (Wed) 23:02
  • 返信
職務経歴書のダウンロード

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

  • 2012/10/22 (Mon) 01:41
  • 返信