初のタロー屋さん!

bon

-
あをたにさんのブログ読者様にはお馴染みのタロー屋さん。
畑のコウボパン・タロー屋



ゆず酵母のシュトレン (1)



埼玉の地へ足を踏み入れたことのない私はパティスリーアカシエとともに長年行ってみたいと思っているお店でありましたが、先日あをたにさんからこの時期だけのシュトレンはじめパンをご恵贈頂きました。




季節の草花や果実で酵母を起こし、時間と手間をかけて焼かれたパン。
そのため数に限りがあり、また人気のため、入手するだけでも大変そうなのに
自宅にいながら華々しいタロー屋さんデビューを迎えました



あをたにさん便



箱を開けるとパンの良い香り!
パンなのにお歳暮に使えそうな品の良さです。



どのパンも本当に良い肌、色つや。
人間のように育ちの良さがあらわれているようです。



シナモンロール
シナモンロール



シナモンロールは大好物です♪
一般的にはアイシングがかかって甘甘なものが多いので
砂糖控えめ、シナモンどっさりで手作りしようと試みたこともあります。
(そのときは結局作らず、、でも食べたくなるのは相変わらず)



そんな自分の理想のようなルックスの、タロー屋さんのシナモンロール。



シナモンロール (1)



ぐるぐる



シナモンロール (2)



ほわ~、天然酵母の豊かな香り!ピール入りで風味も楽しい。
甘甘のシナモンロールとは全く別もので、シナモンとかんきつの香りが溶け込む爽やかな美味しさでした。



シナモンロール (3)



すりつぶしラ・フランス酵母の食パン
食パン (1)



爽やかな香りのクラムです~。



食パン



ぼこぼこと天然酵母の発酵した痕跡が見てとれますね。



トーストすると香りが立つ、フルーティーでみずみずしいクラムを堪能しました。



食パン (3)



葡萄(巨峰、山ぶどうなど)酵母のノア・レザン
カンパーニュ



思わずにおいを嗅いでしまうのですが、こちらは甘い香りがぷんぷんと♪



カンパーニュ (1)



生地がなんというか力強いんです!葡萄を発酵させてこんな見事なパンになるなんて、改めて天然酵母の尊さとそれを育てる人の慈しみみたいなものを感じます。



カンパーニュ (2)



口の中にブワッと爽やかかつ甘い香りが広がります。もう~絶品です。
香り豊かなむっちり生地にクルミとレーズンが混ぜ込まれた、とても味わい深いパンでした。



ゆず酵母のシュトレン
ゆず酵母のシュトレン



あをたにさんのブログ記事はこちら



自家製ゆず酵母はじめ良い素材ばかりでつくられたシュトレン。



ゆず酵母のシュトレン (2)



ゆずの酵母でつくられたシュトレンって…想像できませんがどんな感じなのでしょう。



ラップでぴっちり包まれていました。



ゆず酵母のシュトレン (3)



開くと本当にゆずの爽やかな香りが漂います。
ゆずの香りを生かす為にバターは控えめに仕上げられているそうで、パンのような目の粗い生地。



ゆず酵母のシュトレン (5)



しかしなんと味わい深いシュトレンなんでしょう!



ゆず酵母生地とゆずピールが醸し出す鮮やかなほどの香りと、ゆずピール独特のほろ苦い風味。
口どけのよい生地はスパイスの香りも豊かで、ドライフルーツやナッツも囃したてる複雑で贅沢な味わい。



ゆず酵母のシュトレン (7)



さらに日を置くことで全体に生地と素材が馴染み調和し、日ごとに美味しさが増しています!
薄くスライスしたものを1日1枚いただいており、これは現在進行形です。
食べきるまでどんどん変化してゆくのを楽しめそうです。



ゆず酵母のシュトレン (6)



程良い甘さはゆずやスパイスの香りを生かしています。
恐れ入りました!



ゆず酵母のシュトレン (4)



じつは今年はこれが唯一のシュトレンでした。
あをたにさんのお陰でゆずの香りにつつまれたシュトレンをとても贅沢な気持ちでいただくことができました。



入手困難な貴重なパンとシュトレンをご恵贈いただき本当にありがとうございました!
関連記事
Posted bybon