【富山ます寿司ツアー】初日の買い回り

bon

-
拙者が富山ます寿司ツアーへ行く事になった、誘因はまぎれもなくあをたにさんのこのブログでした。



扇一 (1)



雨の中辿りついた扇一 ます寿し本舗





荷物がびしょびしょになるほどの雨でした。



雨ですわ



カメラを忘れるなんてどやねんと自ら突っ込みまくっていたのですが、この雨では景色の撮りようもなかったのがせめてもの救いです。



ただ、ブログ用の画像もかなり少なく、画質が劣るのが残念です。



さてさて目的の扇一は小さなお店。手作りなので数が限られており、この日も売り切れの札が出ていました。



扇一



勿論、予約しておいて確実にゲットしました!
こちらのお店は電話対応も感じがよく好感がもてました。



扇一.



もうひとつ、到着した日にゲットしたのは
高芳



高芳の鱒寿司には2タイプあって



1,300円のノーマルと
高芳



1日限定10個、2,100円の芳太郎。
高芳の芳太郎



こちらも勿論予約の上伺いましたが、電話対応が不躾でなってない。
接客で商品の価値を下げていると思いました。



宿は「富山市内でNo.1の朝食」というのに惹かれマンテンホテルにしました。
足の踏み場もないほど狭い旧式のビジネスホテルで、ポットはステンレス製のコーヒーカップみたいなやつが昔ながらのIHヒーターの上に乗っているやつ(このタイプ、ご存じない方もあるかも…)で不便でしたが、目的は屋根の下で寝ることですし、安かったので満足です!



場所は富山駅からトラムで数駅の便利なところで、高芳はマンテンホテルの目と鼻の先にありました。



そして夕食は購入したます寿司祭りです。
そのためにインスタント味噌汁を持参したのですから!肝心のます寿司は後の記事でゆっくりと。



部屋からトラムが見えたのでIphoneでがんばって撮影してました。



tram (3)



これはいわゆるチンチン電車って感じですが



tram (2)



新型のは地面を這うように走っています!
うんうん、トラムという呼び方がふさわしいわ。



tram (1)



ウウ~ンというモーター音が独特でした。



イタリアンカラーのトラムも!



tram_20130116162710.jpg



トラムは本数が多く数分置きにさまざまな車両が行ったり来たりしていたので見ていて飽きなかったです。



余談なんですが、富山遠征がおわってからJR西日本から北陸乗り放題きっぷというものすごくお得な切符が発売されていることを知りました。



我らが富山へ行った時は利用期間前だったのですが、この存在を知っていたら日にちをずらしてもよかったのに。
大阪市内からだったら、なんと14,000円でサンダーバード往復指定席に乗れます。知った時はギャー(☼Д☼)なりましたよ。



つづく。
関連記事
Posted bybon